お肉の中にやさしさギュッと凝縮!

こんにちは。五月も終わりに差し掛かり、暑い日も増えてきましたね。暑さで食欲がわかなくなってしまう方もいるかもしれません。そういった方でもペロリと完食できてしまうグルメを紹介します!

今回のコラムは、「気になるあのお店行ってみた!第29回」です。
ワセマガコラムに登場するのは二回目の「キッチンミキ」さんへお伺いしました。店名の由来は、創業者であり現在2代目である店主さんのお母様のお名前からきているそうです。場所は、早稲田大学の中央図書館を通り過ぎ、新目白通りの方へたった10秒ほど歩くとすぐにたどり着きます。


外装はレンガ調でとてもおしゃれです!雰囲気の良い喫茶店のようなドアですね。看板にも「いらっしゃいませ!」と書かれていて歓迎ムードが伝わってきます。右端に「ハンバーグの店」と書いてあるのが目に留まると思います。そうです!キッチンミキさんのメインメニューはハンバーグなのです!!
様々な肉料理の中でもハンバーグが特に大好物の筆者は、学生生活3年目ですがすっかりこのお店のハンバーグに虜のままです。

3年生になってから初の来店だったので、わくわくしながら店内に入ると、店主さんが笑顔で「いらっしゃい!!」と出迎えてくださいました。
テーブルとカウンターの両方の席があります。特にカウンター席に座ると、目の前で料理している姿を間近で見ることができ、臨場感が味わえます。

メニューにはハンバーグだけでも10種類近くあり、優柔不断の筆者は、今日は何にしようかな~としばらく悩んでしまいました。他には若鶏のからあげやポークカレーなどがあり、種類豊富になっています。

数多くあるメニューの中でも、お店の看板メニューである「ミキランチ」は、数種類のカツやカレー、パスタなどがワンプレートで楽しめるかなり豪華でボリューム満点なメニューなのです!
しかも、さらに驚くのはこんなに盛りだくさんで500円という安さ!!お金はないけどおなかいっぱい食べたい元気な学生にはありがたすぎますね。2015年5月28日のコラムではこちらを写真付きで詳しく紹介しているので、もっと知りたい方は是非そちらを参照してください。

今回筆者が迷いに迷って注文したメニューは、「イタリアンハンバーグ」です!


赤色が鮮やかなトマトのソースがかかったハンバーグプレートが登場!トマトの甘みとコクが、ジューシーなハンバーグとよく合います。家庭料理のような温かさを感じ、心が癒されます。

やっぱりハンバーグはここが一番だ!と思いながら食べていると、あっという間にお皿が空に。おいしいものってすぐ食べ終わっちゃいますよね。

同行した後輩が頼んだのは、「梅味ハンバーグ」です。

酸味がとてもアクセントになっていて、さっぱりとした味わい。梅好きの方にはもちろん、これからのじめじめした梅雨や暑い日には特にぴったりの美味しさです。

これらのメニューはすべて500円でスープ付きというお得さ!バイトをしても気づいたらすぐにお金が消えている筆者のような学生にはとてもやさしい値段です。

なぜこんなにおいしくてお得なのにこんなに安いのかずっと気になっていました。
実は、店主さんのやさしさが実現させていたのです。お手頃な値段の秘密は「気合です。」と笑顔でおっしゃる店主さん。消費税が上がったり食材の値段も安定しなかったりの状況下でも続けるには相当の工夫や努力があるのでしょう。そのインセンティブはきっと学生への愛だと思います。
時間の短い昼休みに来店する学生のために、素早く提供できるメニューだけに絞ったとうかがいました。このエピソードからも店主さんのやさしさを感じますね。

しかし、お客さんは学生だけではありません。舌の肥えた大人からも愛されるキッチンミキさんで、みなさんもぜひ美味しいハンバーグや店主さんのやさしさに心癒されてみてください。

☆ワセマガ読者だけに特別サービス☆

なんと、ワセマガを登録しコラムを読んだ方だけに、やさしい店主さんから読者サービスをいただきました!

【全メニュー100円引き】

を、このコラム配信後一週間限定で、ワセマガの画面を提示した方のみ利用できます。

【店名】キッチンミキ
【住所】東京都新宿区西早稲田1-20-10
【電話番号】03-3203-2262
【営業時間】11:00~20:00(夏休みなどの長期休み期間は11:00~18:30)
【定休日】日曜・祝日

筆者 さりー
早稲田大学商学部3年
早稲田大学公認サークル
まっちワークグループ早稲田