来たる!早稲田祭!

最近、雨や寒い日が続きますが、読者の皆様は体調を崩すなどしていませんか?筆者は最近の寒さで「冬眠したい……」が口癖となってしまいました(._.)ですが!こんな忙しい時に眠っている場合ではありません!というのも、私たちまっちワークグループ早稲田は、11/4.5に行われる早稲田祭に向けて、準備の真っ最中なのです。

学生や地域のみなさん、いやいや、日本中のみなさんが楽しみにしていると言っても過言ではない(はずの)早稲田祭。ところで、その規模たるや如何なるものなのでしょうか!?

昨年の来場者数は、二日間で、な、な、なんと16万人!といっても、具体的なすごさが分かりづらい。ということで、やってみましょう!動員数対決!!
まず第1ラウンドは誰もが知る東京ドームの収容人数です。こちらは5万5000人を収容できますので、早稲田祭の3分の1ですね。

続いて第2ラウンドは……港区を拠点とする某有名私立大学。(もちろん、早稲田大学の次に有名な私立大学ですよ!(笑))その総動員数は約20万人。ん、ん、ん、まさかの敗北か……。いえいえ、そんなことはありません。こちらの大学は四日間に渡って学祭が続くため、二日間の動員数に換算すると10万人。やはり、早稲田大学の勝利です( ̄∀ ̄)

そして、第3ラウンドは……東京◯ィズニーランド・◯ィズニーシーです。さすがに世界に愛される◯ッキーには勝てないのでは……?しかーし!早稲田祭はそんな世界のキャラクターにも負けません!こちらの二日間の平均動員数は約14万人。やっぱり、世界のWASEDAです!!

そんな早稲田祭では、約450もの多種多様な企画が行われます。その中には、もちろん我々が、現在、全力で準備に取り掛かっている企画も含まれています。何をするかって?それは当日のお楽しみ!と言いたいところですが、読者の皆様には特別にお教えしましょう。

ここはワセダ。学生と商店街の人たちが楽しく暮らす街。しかしそんな平和な街に突如現れた魔王ユキチ。このままでは彼に侵略されてしまう!そこで立ち上がったのが、勇者シゲノブ!!因縁のライバルであるユキチに戦いを挑むこと決心した。シゲノブはユキチに勝利し、再びワセダに平和を取り戻すことができるのか……?
こんなストーリー仕立ての教室内ゲーム企画、『勇者シゲノブ』。参加者の皆様には勇者シゲノブとなって、教室内の様々ミニゲームをクリアしながら早稲田の街を巡って頂きます。
読者の皆様もぜひシゲノブと共に冒険に出かけましょう!11月4.5日、早稲田大学早稲田キャンパス10号館の208教室で、皆様のお越しをお待ちしております!!

早稲田大学法学部二年
早稲田大学公認サークル
まっちワークグループ早稲田