早稲田で紅葉!

読者のみなさん、こんにちは!筆者のろくすけです。
毎年言っているような気がしますけれど、今年の秋も短いなあって感じますよね。
だからと言って秋を楽しまなければもったいない!
今回のコラムは、ワセダの街を歩いてみた!第5回、テーマは「紅葉」です。

紅葉の名所は全国津々浦々にありますが、早稲田だって負けてないはず!
やれ京都のお寺だの、やれ山奥の渓流だのそんなもの関係ないね!
ウオオオオアアアア\( ‘ω’)/アアアアアッッッッ!!!!
というわけで今回は、まだ間に合う!紅葉スポットを4か所紹介します。

・早稲田大学早稲田キャンパス

やはり最初は我らが早稲田大学から。
みなさまご存知の通り、北門からずらーっと続く銀杏並木。
銀杏の独特の匂いがあたりにたちこめているわけですが、やはり、この光景は圧巻というほかありません。臭いですが。

取材時点ではまだ完全には色づいていないようでしたので、12月に入っても楽しめるのではないでしょうか?すでに臭いですが。
じっくり見たいな、という方は洗濯ばさみと履きなれた靴を用意しましょう!臭いので。

・大隈庭園

またしても大学の敷地について語るのは大変恐縮ですが、大隈庭園も紅葉を見るにはもってこい!
大隈庭園はいつものゆったり感を保ちつつも、他の季節にはない様相を見せてくれるわけですね。

芝生に座って南西の方向を望めば、奥に大隈講堂が見えます。紅葉と大隈講堂、両者のコラボレーションが楽しめるので、筆者個人としては最もお気に入りの場所のうちの1つです。

・戸山公園

公園というものはとてもいいもので、老若男女問わず様々な人が思い思いに過ごしていて、それでいてとても静か(ここ重要)。

静けさの中にも賑やかさがあって、筆者が散歩していた時に、小さい子供たちが、落ち葉を踏んだり、拾ったり、ブワっと撒き散らしてみたりしている様子を見て、ああ、癒されるなあ、と思いました。

戸山公園はとても広い公園で、その随所に紅葉がありますから散歩にはうってつけです。

・甘泉園公園(水稲荷神社)

紅葉のライトアップイベントが行われているらしいと聞いて、
筆者は日が沈むのを待って、甘泉園に赴きました。

紅葉・水辺・ライトアップのコンビネーションは、言わずもがな、素晴らしいもので、幻想的な雰囲気を醸しだし、なんだか安らかな気持ちにさせてくれます。

特別人がたくさんいるわけでもないので、カップルさんたちにはおすすめかもしれませんね。寒いですし。逆に独り身の方にはおすすめできないかもですね。寒いですもんね。

もちろん、昼に行っても楽しめます。昼に取材に行った時はまだあまり紅葉していませんでしたが、今頃がちょうどいいはず。
夜のライトアップに関しては、12月10日(日)まで行われています。
是非現在の様子を見に足を運んでみてください!

いかがだったでしょうか。
早稲田だって捨てたもんじゃないでしょう?
今年は遠出をせず、早稲田で紅葉狩りをしてみませんか?

筆者 ろくすけ
早稲田大学文学部2年
早稲田大学公認サークル
まっちワークグループ早稲田