早稲田大学の寒いところを探してみた・・・

だんだんと寒さが増してきて、試験が近づいてきた1月、今回は早稲田大学の各キャンパスを歩き回り、寒いところを探してきました。(注 ここでの「寒い」というのは筆者の感覚です)

まずはじめは、筆者の学部もある戸山キャンパス。長いスロープがあるのが特徴ですが、毎日、教室に着くまでに、寒い思いをしていることから選びました。特に授業に遅れそうなときはここを走っていかなければならないので、さらに寒い思いをします……。また戸山カフェテリアの前の食事スペースも寒いです。外との境の部分はネットが張られているだけのため、冷たい風が流れ込んできます。ブルブル……。

次は西早稲田キャンパス。建物が灰色のため、雰囲気からして寒そう……。選んだのは西早稲田キャンパスで一番高い51号館の左右の自動販売機や喫煙所がある場所です。周りよりも一段低くなっていることと、多くの室外機があることにより、中央の広場よりも寒い場所になっています。「寒い〜」と言いながら、タバコを吸いにくる人がちらほらいました。あえて寒いところに喫煙所を設けることによって、寒いところに行きたくないという心理にさせ、禁煙を促すという早稲田大学の戦略でしょうか?(それとも筆者の考えすぎでしょうか?)

早稲田キャンパスの寒いところは北門がある通り道を選びました。それぞれの建物が高層階のため、ビル風がすごく、葉っぱが舞い上がってよく当たります。

また、大隈庭園の一番奥にある場所は、日陰になっているところが多いため、庭園内ではより寒いところになっています。写真の後ろに見えるリーガロイヤルホテル東京は暖かそうです……。入りたいけど入れない……(T . T)

所沢キャンパスには時間の関係上行けませんでした……。ごめんなさい……。(もちろん忘れていたわけではありませんよ)

そろそろ試験が迫っています。今まで頑張ってきた成果を出すためにも、風邪を引かないように、しっかりと暖かい服装で通い、フル単を目指しましょう!!

筆者 クラレ
早稲田大学文学部1年
早稲田大学公認サークル
まっちワークグループ早稲田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です