豚そばに火鍋まで楽しめる早稲田のソウルフード!

こんにちは。時の流れは早いもので4月ももう20日ですね!
新入生の皆さんは授業に少しずつ慣れてきたころでしょうか。
はたまたどのサークルに入ろうかと頭を悩ましている頃でしょうか。
そういったワクワク感っていいですよね、筆者も1年生に戻ってみたいものです……(笑)

それはさておき、今日のワセマガは最近無性に麺が食べたかった筆者が行く「気になるあの店行ってみた!第28回」です!

今回は豚そば・つけそば・あえそばのお店十文字さんにお邪魔しました。
お店は早稲田大学西門を出て西早稲田交差点方面へ向かう細い路地に面しており、前野書店さんの隣に位置しています。大学からのアクセスも抜群ですね!

店内へ入ると気さくなマスターが「いらっしゃい!」と温かく迎えてくれました。
今回は筆者含めまっちワーク会員2名でお邪魔しましたが、筆者らがオーダーしたメニューが以下の2つです。

期間限定!ローストポーク油そば(880円)

豚しゃぶ薬膳白湯火鍋(1人前1680円)&豚しゃぶ薬膳麻辣火鍋(1人前1680円)

※2名以上で注文した場合は、写真のような二種類のスープが味わえる、2層式鍋に無料で変更してもらえます。

ちなみにローストポーク油そばに使用しているローストポークがこちら!
前日から仕込んでいるだけあって、見かけから美味しさが漂っています…。
こんなポークと油そばの組み合わせって最高に決まってますやん!

本格的なラーメン、油そばを半年以上食べていなかった筆者は平静を装っていましたが、料理を前に興奮が止まりませんでした。さあ、早く胃の中へお入り。
口の中で広がる熟成ポークの旨みと、それにほどよく絡まる油そばのコンビネーションがたまりません。これはまた食べたい一品です。
ちなみにローストポーク油そばは、マスターの気が変わるまでの期間限定となっているそうなのでお早めに。

次にご紹介するのは豚しゃぶ薬膳白湯火鍋(1人前1680円)&豚しゃぶ薬膳麻辣火鍋(1人前1680円)です。
2名で注文した際は無料で2層式火鍋に変更して頂けますので、友達と1つの鍋で2つのスープをシェアしやすくなっています。
ちょっとしたコンパなどにも最適です!

十文字さんでは3種類のスープを味わうことができます。

①薬膳白湯スープ
鶏、豚、海鮮類をベースにしたコラーゲンたっぷりの白湯スープに、厳選した中国薬膳素材を加えた癖になる奥深いスープです。

②薬膳麻辣スープ
上記のスープを基本に更に複数のスパイス系の薬膳素材と、自家製麻油を重ね合わせ、辛さと旨味が重なり合った自慢のスープです。

③白湯スープ
上記の薬膳白湯スープから、香りの強いハーブのみ除いた、食べやすいコクのあるスープです。(十文字メニューより)
筆者は辛さに弱いので、豚しゃぶ薬膳麻辣火鍋を食べることができるか正直不安でした。しかし実際に食べてみると、スパイシーなものが苦手な方でも安心して完食できそうな程よい辛さとなっていました。

一方の豚しゃぶ薬膳白湯火鍋ですが、コラーゲンたっぷりお肌にも優しいメニューということで、心なしかたくさん食べていたように思います(笑) 白湯スープのマイルドな口当たりとコクが口の中いっぱいに広がります。

十文字さんはフレンチ系イタリア料理店で腕をふるっていたマスターが、約2年半前にオープンしたお店です。ちなみに十文字という店名は、江戸時代の十文字屋に由来しています。

こだわりいっぱいのメニューは、学生だけでなくサラリーマンの方々にも人気を誇っており、一番の人気メニューは特製豚そば(680円)。豚骨に魚介がほんのりブレンドされたスープ、コシのある特注細麺、スープとタレで二度焼きされた焼豚…さらにリーズナブルなお値段。個人的にはかなり気になる一品です。

そしてなんと!読者サービスということで、通常替え玉50円のところが一杯無料になります(5月末まで)。これはもう行かない手はないです!!読者サービスを利用する際は、スタッフの方にこのコラム画面を見せてください。
ここでは紹介しきれないメニューもまだまだありますので、ぜひ足を運んでみてください!

【店名】 十文字
【住所】 東京都新宿区西早稲田1-4-17
【営業時間】11:30~16:00
【定休日】 不定休
【HP】 https://jumonji2014waseda.amebaownd.com/

筆者 ぽんず
早稲田大学社会科学部3年
早稲田大学公認サークル
まっちワークグループ早稲田