落語電車、早稲田を走る。

みなさんこんにちは。
早いもので夏休みももう終わりですね。

夏休み、思う存分楽しめましたか?
海行って、山行って、魚釣りして、浴衣着て、花火見て、アイス食べて、かき氷食べて、コーラ飲んで、冷房にあたって、ぐだぐだして、慌てて宿題やったりして。どれもこれも全部楽しい思い出ですよね。
筆者は早稲田に来て、早稲田に来て、早稲田に来てました。雑用と仕事の数々しんどい。大好き早稲田♡

「夏休み終わって、何のイベントもないし退屈だなあ」って思ってるでしょ?
筆者も子ども(?)のころはそう思っていました。若干喪失感ありますもんね。
でも大丈夫。早稲田にはたくさんのイベントがありますから。


今回は 落語電車 についてご紹介。
学生さんは特に、ですけれど、知らない方もいるんじゃないでしょうか。

これ見てください!いつもの都電とちがうでしょう?
ひと目で落語電車だと分かりますよね。
これは東京の魅力を発信するために、伝統的な落語と歴史ある都電がコラボレーションした都電落語会という企画によるものです。今年で4年目になりました。

都電に乗り込んで、落語家さんの落語も、東京の景色も楽しめる、なんて贅沢な時間空間なのでしょうか!

この企画の中心人物である林家こん平さんをはじめ、過去には数多くの著名な落語家さんたちが落語を披露しているそうです。

今年は残り4回。
9月17日(月祝)
10月17日(水)
11月25日(日)
12月22日(土)
にあります。このイベント、なんと無料でご参加いただけます!
是非この機会に足をお運びください。


加えて、穴八幡宮の盆踊り大会と例大祭宮神輿渡御についてお話します。

毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか、穴八幡の盆踊り。
今年は9月の14日、15日に行われます。
チラシをご覧になると分かる通り、踊った人に豪華な特典が……!
この機会に踊りに行きましょう!

そして、今年の例大祭は3年に1度の本祭で、神輿渡御が行われます!
神輿渡御とは、簡単にいえば御神体を神輿に乗せて担ぐということですね。
3年に1度ということですから、いつもよりもさらに盛り上がるのではないでしょうか!
担ぎ手を募集しているところもあるようなので、詳しくは自治体のホームページをチェックしてみてください!


9月に入ってからもイベント盛りだくさん。
早稲田に住んでいらっしゃる方も、最近早稲田に来てない学生さんも、あまり早稲田に来ない方々も、早稲田へお越しください!

またイベント情報、早稲田の楽しみ方が盛りだくさんのワセダメールマガジンを逐一チェックしてくださいね!(宣伝)

よし、早稲田にいくぞー!
ウオオオオアアアア\( ‘ω’)/アアアアアッッッッ!!!!!


筆者 ろくすけ
早稲田大学文学部3年
早稲田大学公認サークル
まっちワークグループ早稲田