早稲田大学オープンキャンパス

ワセマガをご覧の皆さん、こんにちは!

8月に入りましたが、茹だるような暑さは終わりを見せませんね。
平成最後の夏は猛暑の連続、自然災害の多発と、異常気象はとどまるところを知りません。
しかし甲子園第100回大会が始まるなど明るいニュースもあり、平成最後の夏を駆け抜けていきましょう!

さて、今回は8月4日、5日早稲田に開催された大学の一大イベントオープンキャンパスについて紹介していきます!

皆さんもどこかの大学のオープンキャンパスに行かれたことがあるのではないでしょうか。
オープンキャンパスには受験生をはじめとする皆さんに大学校内や大学生活を知ってもらう目的があります。それに加えて早稲田地域に住んでいらっしゃる方や商店街の方にも、普段私たちがどのようなことをしているのかを知ってもらえる良い機会となっています。内容としては早稲田大学で実際に講義を行なっている教授の模擬講義、パフォーマンスサークルによるステージ披露、その他様々な学生団体による展示などがありました。

筆者は早稲田大学生協としてブースを出しました。そこでは「大学生の1日」と題して早大生のタイムスケジュールなどを紹介したり、パネルディスカッションをしたりしました。

少しではありましたが、早稲田大学オープンキャンパスの雰囲気を感じていただけましたでしょうか。参加者も主催者側も夏のいい思い出になったと思います。オープンキャンパスは1年に1回だけですが、早稲田大学内では9月に地域の方が中心の地球感謝祭、10月には早稲田大学のOBOGの方が中心となる稲門祭、11月には学生が中心の早稲田祭とまだまだイベントがもりだくさん!是非足を運んでみてください!

筆者 タッピー
早稲田大学政治経済学部2年
早稲田大学公認サークル
まっちワークグループ早稲田